2016.10.17

先週、渋柿を収穫した時に、樹上で勝手に熟した実もいくつかあった。
そのままスプーンですくって食べたら美味しかった(笑)
その他の固い実は干し柿にするので皮をむいたが、その時にふと・・・魔がさしちゃったんだな?

もしかして、「渋柿だ」って言うけれど、ホントに渋柿は、渋いのか??
西条柿という名の柿の苗を植えたけど、西条柿は本当にそのままでは渋いのか?
店で売ってる西条柿は、合わせてあるとも書いてないのに、甘いヤツだってあるじゃないか。
縦に長いのが本当にみんな渋いんだろうか?

とか、ふと思っちゃった。
で、干し柿用にむきながら、ちょっとなめてみたら、甘い気がする。
ちょっと削って食べてみよう。れっつチャレンジ!!
と、ばかりに少~し削って食べてみた。

結果は・・・。

ウェッ!!・・・し、しぶい!!
ペッ!!ペッ!!(泣笑)

「渋い」というのは、渋いばかりで甘くないのかと思っていたが、実はそうではない。
甘いんだけれど、口の中にじゅ~っと、ぎゅ~っと、搾り取られるような強烈な感覚が押し寄せてくる!!
っていう感じなのだと、初めて知った。
やっぱり、昔から渋柿は干して食べるというのは、そうしなきゃ食べられないシロモノだから、干し柿にするんだ!!(笑)
と、納得。・・・やっぱ、疑問に思ったことは自分で体験してみるのが身に応えて良く分かる!!

ただし、自己責任。(笑)

良い子は真似しないようにね?

あれから1週間。
イイ感じに干し柿になって来た(笑)