この世は善意に満ちている

イイコト

「すみませ~ん!!すみませ~ん!!」遠くで声が聞こえる。 ん?呼びかけられているのは私か!?足を止めて振り返ると、ずいぶん遠くから手を振るおじさん。 「これ、落としませんでしたか~!?」紺色の何かを振りながら叫んでいる。 […]

ページの先頭へ