これは、本当にあった、ある日の出来事です。
あの時の恐怖は、おそらく一生忘れないでしょう。
現に、15年ほど経った今でも、鮮明に覚えています。

あれ?
明るいな。
え?日差しがまぶしい?
・・・ハッ!?

ガバッ!!(起き上がる)

キャ―――!!何てこと!!
寝坊しちゃった!?
今何時?
やだ!!
11時じゃん!!
もうお昼前!?

「みんな――!!ごめん!!
朝よ~!!
もう、こんとに明るうなっとる!!」

と、子供たちの部屋にダッシュしながら叫んで戸を開けると・・・誰もいない。
布団もきちんと片づけてある。

・・・え?なに?誰もいない?

どうした?何が起こった?

あ――良かった。あの子たち、私が起きなかったから、ちゃんと自分たちで起きて、学校行ったんだ。
どうやら下の子を、幼稚園に連れて行ってくれたのかな??

呆然としながらキッチンへ向かう。

朝ごはん食べたのかな?

と思いながら流しを見る。
ちゃんと洗われた茶碗。

ああ、茶碗まで洗ってくれてる。

・・・あれ?
この茶碗の置き方は??

・・・私が洗って、この順番にここへ置いたな~。

え?どういうこと??

と、思考がここまで来て、やっと思い出した。

その日は小学校高学年の参観日の日。
でも、朝から熱っぽくて、ダルかった。
当時5年生だった長男が、
「母さん、参観日なんか来んでもええよ~。」
と言ってくれた。
末っ子を幼稚園の集合場所まで連れて行った後で、帰宅して寝たんだった。

初めて、子供の参観日をサボった日だった。
私の体調を気にして、参観日に来なくていいと言うようになったことが、嬉しくもあった。
反面、こうやって、親から離れていくんだな~と、ちょっと寂しい気もした。

ああ、そうか。
ちゃんと子供たちを起こして、送り出した後だったね。
良かった良かった。

と、気づくまでに、5分はかかった。(笑)
・・・その間の恐怖といったら!!

今朝、目覚めとともに、あの時の情景がフラッシュバックして飛び起きました。

なぜか?

それは昨日、ある知人が寝坊したと言ってるのを見たからかな?

彼女には、確かまだ小さい子がいて、低学年?いや、幼稚園?
つまり、若いママなのです。

大変だっただろうな~。
と、思いながら寝ました。

で、今朝の目覚めとともに、もう15年も前のことが鮮明に思い出されたわけです。

さて。
そこまで思ったところで、考えました。

私なら、この失敗をどうするかな?

うん!こうする!!

失敗はチャンスに変えよう!!

これはとても良い機会ではないか!!

「失敗しちゃってごめんね。
でも、大人だって失敗することはあるんだよ。」

ということを伝える。

「だから、ママが失敗しても、あなたが大丈夫なようにしないといけないよね?」

と言って、目覚まし時計の使い方を教えるだろうな。

「ママが寝坊していたら、あなたがママを起こしてね?」

これで、母親一人だけの責任から、親子共同責任へと、変えられる。

うん。我ながら、なかなかナイスアイディアだ。(*^^)v

振り返って考えてみるのに、私はいつもそんな風にやってきました。

「アンタんちの子は、小さいころからしっかりしとったよね~。」

なんて、よくご近所さんから感心されるのだが、何のことはない。
私がだらしないから、子供が勝手にしっかりしてきただけのこと。(笑)

ただ、失敗するたびに、謝るのと同時に「だから自分でちゃんとしてね」と、伝え続けてきました。

母親だって、人間だから、失敗もするんです。
それを、ちゃんと子供に分からせること。
「うちの母さんは油断ならんぞ」と、思わせることも、立派な子育ての秘訣です。

そう、だから、一人で重圧をしょい込まないで、みんなで共同責任にしちゃいましょう。\(^o^)/
キモチがとってもラクになります(^^♪

失敗で手痛い思いをした直後の今が、チャンスですぞ!!

追伸
え?ところでその時、旦那はどうしていたのかって?
我が家はその時、主人の出張中だったんです。
彼女(その知人)の事情は知らないけれど、きっと、お仕事の都合か何かで、母子二人だけだったんでしょうね?

そういう時に限って、事件は起こるもの!(笑)