プランターに咲いた花を
仏様にあげ、
玄関の一輪挿しにも活けながら、
ふと思い出した。

そういえばこの花を

「仏様にあげたいから、
もらってもいいですか?」

と、
尋ねられたことがあったな~。

「どうぞどうぞ、
いちいち言わなくてもいいから、
いくらでも使ってくださいね。」

と言ったのだが、
あそこは今はどうなっているだろう?

今はあの場所に
何か植えてあるのかな?

そうだ!
行ってみよう!!

かくして、

20年近く前に住んでいたアパート、
500キロ離れた滋賀県まで、

Googleマップさまにお世話になり、
パソコン上で旅行~。(*^^)v

20年近く前にタイムスリップ

当時は、
わが子たちは幼稚園から小学校高学年まで。

アポート前の花壇には何も植えられていなくて、
たまに大家さんが草取りに来られていた。

せっかく地面があるのにもったいないなと思った私は、
大家さんに申し出てみた。

快く、承諾して下さった。

「前には色々植えていたけど、
みんなが踏んで通るからすぐにダメになってしまって、
もう植えるのをあきらめていたのだ」
と。
「ここに住む人が花でも植えてくれるなら
かえってありがたいくらいだ」
と。

そこで、
そこの花壇にお花を植え始めたのである。

前には琵琶湖へ流れ込む小川があり、
水はふんだんに流れている。
ロープをつけたバケツで水をくみ上げては、
花に水やりをする。

これがとっても面白かった。

子供たちが学校・幼稚園で
芋畑の世話をする時には
こうやって水を汲んでやるのだと教えてくれたのだ。

へ~。
水がいっぱい流れる小川がある地域って、
こんなことするんだ~~~~!

我が家の台所から出た生ごみを
生ごみ処理機で処理したのを
花壇に埋めれば、
ゴミは減らせるし
花はよく咲くし、一石二鳥だし!

幼稚園生の娘と一緒に
せっせと世話して
楽しい毎日だったな。

・・・今では彼女も成人してしまったが。(笑)

さて、
100均ショップで売っている種は、
中身が少ししか入っていないので、
ほんの少し植えるにはもってこいである。

その中にあったのが、
千日紅。
写真の花だ。

百日紅は、さるすべり。
では、千日紅は、何と読むのかな?
と調べてみたが、
これはそのまま「せんにちこう」と読むらしい。(笑)

さてさて、
アパート前の細長い花壇に植えて、
毎日子供と一緒に水やりをしていたものだから、
近所の方とよく会話した。

皆さんとてもかわいがってくださったな~。

親せきも知人も全くいない土地だったけど、
何回か会話したら、
ついつい『白鳩』を上げてしまうから、
自然に仲良くなったように思う。

ああ、この人はこういう人なのね?

というのを理解してもらうには
なかなか良いアイテムだ。(笑)

さてさて、
そういうわけで、
自然にご近所さん、
しかも同じアパートの人だけじゃなくて、
アパート周辺の地元の人達と
いつの間にか親しく話せるようになっていた。

アパートの駐車場の柵越しに
よく話をしていた方があるのだが、
その方が、花壇の花を
「仏様に」
と、言われていたわけ。

なんでも、
九州からお嫁に来られたって、
言っておられたっけ。

多分、当時のあの方が、
今の私くらいか、もう少し年上か、
・・・くらいかな~?

山口ナンバーのウチの車を見て、
「遠くから来はったんやな~」
って、声をかけられたのが最初の会話だった。

あの方、お元気かな~?

などと、
千日紅の花を活けながら、
昔のことを思い出し、
パソコンでその場所へ行ってみたのだが・・・。

Googleマップで見た今の様子

Googleマップで写真表示されたその場所には、
私が行った時と同じように、
きれいに草取りをされ、

「いつでも植えていいですよ。」

と言わんばかりの花壇が待っていた。(笑)

Googleマップさんでは、見ることはできても、
ここからじゃ、
種をまいてあげることはできないな~~~
ちょっと残念!(笑)

おまけの話

Googleマップの写真には、
アパートの前の道路を、
シルバーカーを押して歩くおばあさんが写り込んでいた。

もちろん画像処理してあって、
お顔は分からないのだけど、

もしかしたらこの方は、
あの人かもしれないな。
今、このくらいの年齢だろうな。

などと、勝手に想像し、
懐かしく思った。(笑)

さらにおまけ

母親教室を開くために
駐車場を使わせてもらった近所の飲食店。

「昼間ならお店開けてないから大丈夫ですよ」
と、許可してくださっていたのだが・・・

今も繁盛しているようで、
立派な看板に変わっていた!(笑)(笑)

以上、
たった5分ほど
パソコン上で旅行して、
30分かけて書いたブログです。(笑)(笑)