生徒1:「うわー!!”御”がこんなにきれいに書けました!!」

生徒2:「こんなに喜んでくれたら、先生も教え甲斐がありますねー。こんなに目をキラキラさせて!!」

生徒1:「だって、なんか不格好なのは分かるけど、でも何がいけんのか分からんで・・・。
     うわーっ!!今日は嬉しい!!」

とまあ、今日の大人の実用書道教室では、生徒さんが子供のようにはしゃいで喜んでくださいました。\(^o^)/
飛び上がらんばかりの喜びようです。

この字はなんだか上手に書けない。
でも、どこが悪いのか分からない。

ええ、字が上手に書けない人は、決してヘタクソなわけじゃないんです。
ただちょっと、間違えた形を覚えているだけのことなんです。

「ここをこういう風に書いたらいいんですよ。」
っていう、ちょっとしたアドバイスで、急にキレイに書けるようになった瞬間の喜びは、私も見ていてとても嬉しくなりますね。(#^^#)

今日は、
「私の名前だけじゃなくて、主人の名前のお手本も書いてください。」
というリクエストもありました。

確かに主婦は、夫の名前を書くシーンも、けっこうたくさんありますよね。
みなさんのご主人のお名前を聞いて、書かせていただきました。

皆さん、嬉しそうにせっせと練習されます。

・・・それにしても、なんて楽しいんでしょうね。
私からすれば、ほんのちょっとのポイントを言ってあげるだけなのに、みなさん大喜びしてくださいますから。

今日も楽しい教室でした。

あはは、写真をよく見たら、今日は生徒さんが持ってきてくださったお菓子を食べた痕跡が、しっかり証拠写真に残ってました。(苦笑)
そう、お昼の教室だけは、お茶が出るんです。

私が眠たくなるんで・・・。(^^♪