昨日は珍しく、
メルマガに多数ご返信いただいたので、
お礼を申し上げます。

メールの内容はこんな感じでした

物事がうまくいかない時、
何だか自分が情けなくなりそうな時。

・・・今日は、
マーケティングの指導者から
こんなありがたい言葉を頂き、
嬉しかったので、
あなたにもおすそ分けします。

***********
ついついネガティブに気持ちが行っちゃうのですが、
そんなとき、私が思い出すこととして、
 
たった一人でもこの商品(サービス)が伝わることで
その人が救われるのであれば、
伝えなくてはならない、です。
 
大げさかもしれませんが、^^;
自分が解決策を持っているなら
それ伝えちゃうほうがみんな幸せだよね、です。
***********

あなたなら、
「この商品(サービス)」の部分を
他の言葉に置き換えてもいいですよね?

どんな言葉が適切でしょうか?
「この真理」でもいいかもしれません。
「この会」でもいいかもしれません。

何でもいいけど、
私たちは、
その人を“救うためのもの”を
伝える手を休めてはならない。

このメッセージを読みながら、
涙があふれました。

以上、昨日のメルマガ内容終わり

さて、
「いい話だった」とか、

「そうだそうだ、
思い切って伝えてみると、
相手が喜んでくれるってことが嬉しいのよね~。」

みたいな返信を昨日は頂きました。

時々、
「返信はしないけど、
いつも楽しく読ませていただいています。」

という声もお聞きします。
私もとても励みになります。(#^^#)

不定期のメールなので、(^^♪
何日か続けて発信してみたり、
はたまた
ぱったりしばらく発信できなかったりと、

バラバラなんですけど。(^^;

しかも、私の教室の宣伝も
メールの中でやりまくってますしね。

嫌がられないかな~?

と思ってみたりも、実はしてます。
結構、実は小心者です。

「・・・?
は?誰が?」

って、今、あなた、思いました??(笑)

まあしかし、
昨日発信した文章のように、
このサービスによって救われる人がいらっしゃるのも事実です。

うちの教室の皆さん、
ホントにコンプレックスから解消された!
って、嬉しそうにおっしゃるんですよ。

なので、
救われる人が一人でもいらっしゃるなら、
発信することをやめてはいけない。

そう思っています。

追伸

「メール、楽しみに読んでますよ。」
って言ってくださる方があるのは事実なので、
喜ばれるかぎりは続けます。

なので、もういらん!
と思う方は、届いたメルマガの配信解除をポチって、
解除してくださいね。(#^^#)

ストレスに思いながら読むのは、
お互い精神衛生上よくありません。(笑)

逆に、
「私にもメルマガとやらを送ってください!」
って思われたなら、
こちらからメルマガ登録をどうぞ。(*^^)v