風に乗って桜の花びらがひらひらする中、
近所の郵便局へ。

封書を一通ポストへ入れた。

郵便局の中から出てきて、
ATMボックスの戸を開け、
中を確認する局長さん。

ポストへ郵便を入れる私に気づいて
「いつもありがとうございます。」

いえいえ、
お世話になるのはこっちのほうだし。(^^♪

でもせっかくだから一声かけてみたくなった。

「郵便局のATMって、
いつもきれいですよね?」

「え?そうですか?たまたまじゃないです?
まあ最近はコロナで気をつけて
マメに拭きますけど。」

・・・でも、
私は知っている。(#^^#)

コロナだからじゃない。
ここのATMはずっと前からいつもきれい。

「〇銀さんのATMは画面にほこりや髪の毛がいつもあるけど
郵便局のはきれいで気持ちいいですよ。」

「そうですか?ありがとうございます。
またご利用ください。」(#^^#)

時間がかかるわけじゃない、
ほんの一言。

ここはキレイで気持ちいいな~と
前から思っていたことを
伝えられてちょっぴりいい気分。

伝えてみると、
あちらさんもこちらも
双方キモチ良い。

今日はいい日だ~。

舞い散る桜を見ながら足取り軽く帰った。