錦帯橋のそばを歩きながら娘と話をした。

話し過ぎて話題を忘れる(笑)

あれ?明日のブログはそれを書こうって言ったのに、
何の話だったっけ?

N先生の話だよ。

ああ、そうそう。それそれ。

いっぱい話しすぎたから、どれだったか忘れるところだった!

・・・わからなくなるくらい、
久しぶりにいっぱい話したひと時でした。(笑)

受験の合否

その時話をしたのは、中学校の時の担任の先生の話。
まだ高校受験の合否結果の分かっていない時点での卒業式。
その時に話してくれたことは・・・。

「たとえ失敗していたとしても、
それは失敗ではない。
高校も大学も、第1志望のところには入れなかったけれど、
自分は今こんなに幸せだ。」
胸を張ってみんなに語って聞かせてくれた先生を見て
私は感動したものだ。

今、失敗のように見えても
振り返ればそれは成功の出発点だから。(#^^#)

失敗したように見えても成功の始まり

今から振り返ってみれば、
子育てで一番多くのことを教えてくれたのは、
この娘だった。

愛情表現が足りてないよと
教えてくれたのはこの娘だった。

辛抱強くじっと話を聞くことの大切さを
教えてくれたのもこの娘だった。

今、
「母さんそうじゃないよ」と
何かにつけ教えてくれるのも
この娘だ。(笑)

この子が導いてくれたのは小学生の時

学校へ行けなくなる子は
親にいろんなことを教えてくれるありがたい存在だ。

勉強ができない子も、
親の在り方を教えてくれるありがたい存在だ。

苦しみながらいろんな姿を現してくれて、
親にあれこれ教えてくれる。

お陰で、
私はいろいろ学ぶことができた。

その学びを通して、
親も子も、ともに生長することができた。

それは、
人間は神様から与えられた尊い存在であるという
根本真理を知っていたからこそ、
たどり着けた場所。(#^^#)

人は誰でも皆、
尊い命を与えられてきた存在だから、
それを生かすも殺すも、
親の考え次第。(^^♪

たとえ今
”困ったちゃん”の姿を呈していても、
中にある素晴らしいかけがえのない命を拝んでいたら、
勝手に良くなるしかなかったんですよね。

ただ、大事なことは
しっかり愛情表現をして、
その子のすばらしさを認めてあげること。

結局やったのはただその一点なんだけど、
かわいそうな姿を呈していたこの子は、
見事に明るく元気で良くできる子に変身しました。

いや、本当は、変身したんじゃなくて、
本来その子の持っている実力を発揮できただけのことなんだけど。(^^♪

3月の卒業シーズンには
わが子が卒業した時の喜びを昨日のように
思い出しては、色々書き綴りたくなる。

今年もまた、昔のことを思い出し、
喜びをかみしめています。(笑)

3年前の卒業シーズンに
思い出して書いたことはこちら(笑)