週末、家族で山仕事に行きました。

山仕事と言っても、大したことをしたわけでもなく、ただ、道の草を刈りながら進んでいっただけです。
目的は、うちの山がどこにあるのかを子ども達に伝えること。

なにせ、私たち夫婦だって、かなり怪しい記憶をたどっての山歩きです。

おじさんに教えてもらったときには、ここにこんな風に印をつけてもらったんだよねー。
あったあった。この木の皮が剥いてあるところは、あの時の印だ!!

昔はここが畑で、すいかとか植えてたらしいよ。
こんな山の中に。
・・・確かにちょっと平らになって、畑っぽいよね?
今は山にしか見えないけど。

ここから上がうちの山で、上は尾根が境界だと教えてもらったんだよねー。
上までは行ったことないんだけど。
・・・行ってみる?
というわけで、みんなで登っていきました。

ほう!!

何かてっぺんに目印の石があるよ?
ホントだ!!
どれどれ?

こっちが廿木で、こっちが近延だって書いてあるね。

道しるべがこんな山の中にあったんだ!
昔の人はこの辺までしょっちゅう歩いて来てたのかなあ?
記念に写真を撮っておこう。

と、まあここまでは良かったのです。

ちょっと手前で私はきれいな榊を見つけていました。
帰りに採って帰ろうと、思っていました。

下から上り詰めたところにいい榊があって、そこから左に曲がってきたんだよね。
榊の所から下に降りればいい。

分かるよー。
あの榊の木が降り口の目印だ。

と、思ったのは良いものの、その榊が見つからない。あんなにわかりやすい場所にあったのにねー。
おかしいねー。
「かーさん、これはもう来すぎてない?
こんなに遠くじゃなかったじゃろー。」
おかしいねー。
あの榊はどこへ行った?

などと、やっているうちに、・・・完全にわからなくなってしまいました。

まあ、高速道路の上の方だから、遠くで車の音が聞こえます。
なので幸い、方角だけは、分かります。

こんなシダは生えてなかったよねー。
あれ?竹があるよ?
上る途中に竹はなかったよねー。
おかしいねー。
ま、左右はだいぶずれたみたいだけど、とりあえず道まで降りてみよう。

・・・やっと道までたどり着きました。

ええ~?
これはだいぶ戻りすぎじゃない?
もっと奥まで歩いたところから登ったよね?

思ったのと全然違うところに着いたねー。
でも、通った道で分かる所に降りられてよかったねー。

というわけで、山でいったん迷ったら、全然わからなくなってしまうことが良~くわかりました。(^^♪
でも、みんなで迷ったら全然怖くなかったねー。

教訓:榊を目印にしようと思ったら、先に切って置いておくべし。

【続編】あくる日は、別の場所に行きました。

よ~し、今日もばっさばっさ刈りながら進むぞー!!
と、張り切る私と、生暖かい目で見上げる娘。
やっぱ、山仕事は地下足袋がいいです。
できたら、スパイク地下足袋が欲しい。。。

昨日の教訓があるので、榊を見つけたら、切って置くべし。
そしたらここだ!ってわかりやすいし。

今度はけっこう急な斜面を登りました。
縦に並んで登ったら、上の人が踏み落とした石が当たって危ないね。
横に広がって登ろう。

広がりすぎて、横に迷子になったらまずいよね。
「おーい!!」
「ヤッホー!!」
と、叫びながら登ることしばらく。
最後について来ていたはずの娘の声がだんだん遠くなる。

「どこにおるー?」
「登るのあきらめた!今、降りよる!」
「道で待っといてよー!」

てっぺん付近で集まったメンバーで反対側の境界に当たりをつけ、
降りてみました。
ちょっと左右にずれたら降りてる間に分からなくなっちゃうのは、前日に経験済み。
だから、声をかけて遠くへ行きすぎないように気をつけながら、時には滑り台のようにずり落ちたりしながら。

お~い!!どこじゃー!!
と、下で待っている娘と叫び合いながら、声を頼りに。

今度は、思った通りの場所に降りてくることができました。

ちゃんちゃん♪

ちゃんと榊を持って帰ることができました。
これで神棚にあげることができるぞ。

というわけで、ちょうど枯れたところだったので、榊を替えました。
お正月も、これでいけそう。

そうそう、お正月用に、松の枝も少し持って帰ったんだよね~。

しまった!!
ウラジロを持って帰ったらいいなーと思ったのに、帰りに採り忘れた!

だ・か・ら!
見たらすぐ採らなきゃ、帰りにはもうわからなくなるんだってば!!

クリスマスはすっ飛ばして、年末気分な武内家でした。(^^♪