私の得意なことって、何だろう??
昨日はそんなことを考えるきっかけがありました。

あるアメリカ人のお知り合いがいます。
彼女は中学生のお子さんをお持ちです。(#^^#)

最近、彼女は育児で少し困っておられる印象を受けました。
別に、相談を受けたわけではなかったのですが・・・
「たぶん、これが原因だな~」ということがうっすらわかっていたので、ちょっとだけ、アドバイスさせてもらいました。

あ、念のためですけど、私、英語はできません。(^^♪
彼女との会話は、挨拶以外はいつも文章での会話です。
翻訳ツールで翻訳させた英語を彼女に見せるわけです。
英訳しやすい文章を心がけて日本語で書きます。
コツは、「いちいち主語をきちんと書く。」ということみたいですね。
そうしないと、出来上がった英語にはテキトーな主語がつけられていて、「私」と「あなた」が入れ替わっていたり、ハチャメチャな文章になっちゃいますので。(^^♪

さて、今回も、
日本語をPCで翻訳させた英語を彼女にお伝えする。という、いつものやり取りでした。
今回伝えてあげたのは、 ちょっと心配だったことがあったので、それに対するアドバイスを少し。
それから、子どもが不安定な時にはしっかり抱きしめてあげて。ということでした。

そのお子さんはもう中学生です。
体もずいぶん大きいけれど、心はまだまだ子供。
だから、愛情を伝えることが大事だよと。
子どもの美点を見つけてほめましょう。
お父さんがどんなに素晴らしい人なのかを子どもに語って聞かせましょう。
さらに、あなた自身が身の回りの小さなありがたいことを見つけて感謝しましょう。

みたいなことをお伝えしました。
ま、どれもこれも、生長の家で習ってきたことばかりです。(^^♪
でもこれって、全国、いや、万国で共通する「よい子の育て方」ですよね?(*^^)v

嬉しいことに彼女からこんな返事がきました。

彼女:感謝の言葉 ❤️
あなたは very wise. And very kind.

武内:あなたより年とってるだけですよ。(^^♪

DeepL翻訳

彼女:アハハ。ちょっとだけ上なだけですよ。 But much more wise! ❤️

武内:お母さんがニコニコして笑ってたいら、子どもは良い子に育ちます。
あなたの顔に笑顔を貼りつけましょう!
そうすれば、子どもは明るい良い子に育ちますよ。(*^^)v

DeepL翻訳

彼女:ええ、あなたのおっしゃる通りです。一所懸命やってみます。続けます。 Thank you. 💕💜❤️

こんな感じのやり取りです。
「あなたはwiseだ」と来ましたよ。(笑)
私からの英語がちゃんとした英語になってるんだかどうだか知りませんが、責任は翻訳ツールのDeepLさんにあるとして(*^^)v

wiseでkindだと書いてあったので、たぶん喜んでくださってるのかな~?
そうでもないかもしれないけど、今まで彼女からのメッセージに、こんなにたくさんのハートマークがついてきたことはありませんでした。
きっとホントに喜んでくれたんだろうな~と、思っています。
仮にそうじゃないとしても、そう思ったら私が嬉しいので、勝手にそう思って自分で喜びます!\(^o^)/

翻って気づいたこととは?

かつては、セールスライティングを学び始めてから、こんなことを思っていました。
私は人と比べたらPC使えないやつだし、何やっても呑み込み悪くて遅いし。
分かったつもりで誤解してることも多いし。
マーケティングの勉強していても、私より後から来た人がどんどん先に行ってしまうし。
みんな、すごいな~。やること早いよね~。(*´Д`)
私とは、大違いだよね~~。

だけど、ちょっと最近になって自信もついてきました。
若い人には若いなりのスタートダッシュがあって、それはそれで素晴らしい。
でも、私には彼らとは違って、54年かけて築いてきた私なりの素晴らしさがある。
彼らにこんな助言をしろと言っても、とても無理なことだし。
私には私なりの得意なことがあるから、それをしっかり持って、進んで行けばいいんだよね~。

そして、思い出したこともあります。
セールスライティングを学び始めたころのこと。
「どういう人が向いていますか?」という質問に、先生がこんな答えをしていました。
「経験があればあるほど良いライティングができます。
歳は多い方が、より向いています。」

ということ。
梅雨空のどんよりしたこの頃だけど、心には虹がかかったように、晴れやかな気持ちになりました。

 


追伸 翻訳ツールは、最近はDeepLというのを使っています。
以前はGoogle翻訳を使っていたのですけれど、DeepLの方が断然、人間的な翻訳をしてくれますので、気に入っています。(*^^)v