娘

母さん、そのゆで卵むいてくれる?

朝、
弁当を作っていた娘からそう言われ、
ちょいとお手伝いした。
時間が厳しかったらしくて。(笑)

武内武内

うん、ええよ~。

・・・むきながら聞いてみた。

武内武内

あんたね、私がゆで卵の殻むくの嫌いって、知ってた?

娘

え?そうなん?知らんかった。

武内武内

・・・で?あんたはどう?

娘

いや、別に?
だってなんか、楽しいじゃん。

武内武内

よっしゃ~~!(ガッツポーズ)
私の子育て大成功!!\(^o^)/

「???」と思ったあなたは最後まで読んでください。(笑)

私がトムソーヤから学んだ子育て法とは

いかにして子ども達に自分が嫌いなことを手伝わせるか?
という方法です。(^^♪

子どもの頃に読んだトムソーヤの冒険で、学びました。
親から言われた塀のペンキ塗り作業。

彼はこれがイヤでしょうがなかった。
何とかして早く終わらせて遊びたいと思ったトムはどうしたか?

いかにも楽しそうに鼻歌を歌いながらペンキを塗ってみせた。

すると友達がやって来て
「ちょっと僕にもやらせてみて」
と言う。(笑)

「いやいや、こんな楽しいことをやらせるわけにはいかないよ」
と言って、さも楽しそうに塗る。
すると、
どんどんみんなが集まってくる。
「ちょっとだけでいいからやらせてくれないか?」
ってことになる。

そこで彼は順番に並ばせて、
みんなにペンキ塗りをやらせ、
自分は監督してみているだけ。(*^^)v

1人で寂しく
つまらないお手伝いをさせられるんじゃなく、
友達が集まってきてわいわいと楽しい。

しかもみんなが喜々として手伝ってくれる。

その上、
「楽しいことをやらせてくれてありがとう」と、
みんなから感謝される。

細部は忘れてしまったが、
ざっとそんな話だったと思う。(笑)

何かにつけて学んだことを真似してみることは多かった

どういうわけか私はゆで卵というものが好きではありません。
食べるのは好きですが、からをむくのが嫌いなのです。

冬場のおでんにはゆで卵は欠かせませんし、
サンドイッチにも使います。
(サンドイッチなんて、めったに作りませんでしたが)(笑)

特に大量のゆで卵を使うおでんの時なんかはどうするか?

それはもう、
トムソーヤさんに学びましたとも!

いかにも楽しそうにむいて見せるのです。

やりたがって集まってくる
子ども達1人1人に、
広告を折って作った小さなゴミ箱を与え、
みんなでテーブルに並んで座ってゆで卵の殻むき。

我が家でおでんを作るときの風物詩でした。

「卵の殻、むきたい人~!」
と、楽しそうに言うと全員が
「は~~い!」
と、手を挙げて集まってくる。

なので、みんなでわいわい卵の殻むきをしたものでした。

私にとっては、
めんどくさくて大して好きでもない
卵の殻むき。

でも、
子ども達と一緒にやれば、
ちょっと楽しい。

しかも、
早く済むから自分はいっぱいしなくてもいい。(笑)

子ども達は遊び感覚で
楽しみながら殻むきをしていたらしいですね。

その証拠に、
「なんか楽しいじゃん」と、
大人になっても思っている。(笑)(笑)

以上、親も子も、楽しみながら家事をするコツを書いてみました。

追伸

何かにつけてこんな感じでやってきた武内です。(^^♪

今はオンラインで美文字講座をやっていますが、
やっぱり他の教室とは一風違った指導内容です。

要は、
字に自信のなかった生徒の皆さんに
いかにして自信をもっていただくか?

そこにフォーカスした美文字講座です。

ですから、普通の書道教室とは、
やってることが違います。

ちょうど今、無料お試し講座の募集をしています。

無料なので、
時間さえ合えばあなたもどうぞ。

オンラインですし、
どこからでもご参加できます。

90分お試し講座の詳細は、こちらです。

↑ポチッと押して、お申し込みください。

追追伸

そうそう、無料なのは、
今回限りにしようと思っています。
なので、ちょっとでも心が動いたあなたは、
今すぐお申し込みくださいね。(*^^)v